TOEIC参考書 2017最新版!初心者向けのおすすめ参考書

TOEICの参考書・問題集には当たり外れが多いです。僕自身も何度も微妙な参考書を買いました。

TOEIC初心者は何が良くて何が悪いかわからないことも多いと思います。ここでは初心者の方が最短でTOEIC 700~800点を取るためにオススメの参考書を挙げます。

TOEIC 600点以上の方は下を参考にしてください。良い問題集だけではなく、世間では評判良いけど、ダメな問題集も挙げています。

TOEIC問題集 2017最新版! TOEIC頻出のおすすめ問題集
TOEICを勉強し始めた当初、TOEIC文法1000という本が良いと書いてあるサイトを読み、それを信じて必死に勉強しました。しかし、残念...

1. このサイトで紹介する参考書の基準

この記事ではTOEIC高得点を最短で取ることに重点をおいて、参考書を紹介します。

  • 英語初心者(TOEIC600点以下)
  • 就活や転職でどうしてもTOEICの点数を上げたい
  • 昇進のためにTOEICの点数を上げたい
  • 留学の条件としてTOEICの点数を上げたい

という方を対象に書いています。

この参考書を元に勉強すれば、TOEICの点が上がることは保証できます。ただ、TOEICには必要のない英会話の能力やスラング(俗語)には触れませんので必要な方は自身で補うようにしてください。最短距離でTOEIC 800点を取る勉強法についてはこちらを見てください。

TOEIC勉強法 800点を超える勉強法 -TOEICの点数を上げるためだけにすべきこと-
様々なTOEICの勉強法の本やサイトを見ましたが、TOEIC 500点前後の方がTOEICの点数を上げるための最短の方法を書いている...

2. TOEIC本で信頼できる著者について

TOEIC関連の本を書かれている方で明らかに良い参考書を書かれている方がおられます。

具体的には

  • Tex加藤さん
  • ヒロ前田さん
  • 花田徹也さん
  • 加藤優さん
  • 大里秀介さん
  • 八島晶さん

の6名です。TOEICの世界では有名な方ばかりです。

良いと書いている理由は具体的には以下です。

  • TOEIC頻出。圧倒的によく出る。
  • 解説が丁寧で初心者にもわかりやすい
  • 持ち運びしやすい、字が小さすぎないなど、使用するユーザへの配慮に優れている

「圧倒的によく出る」と書いたのは僕自身が何度もTOEICを受けた経験を元に書いています。

また、解説が丁寧であり、初心者にもわかりやすい内容が多いです。今回はこちらの方を中心に参考書を紹介します。もちろんこちらの方以外の本も良い本であれば紹介しています。

 3. 初心者の方向け参考書

3-1. TOEIC 必勝ダブル模試


この本の評判の高さについてはAmazonのレビューを見てもらえばわかると思います。

TOEICの模試が2回分、計400問収録されています。初心者の方にオススメな理由は、解説が公式問題集よりも何倍も詳しいこと、また、この模試を使った勉強方法を記載したダウンロード特典が付いていることです。

初心者の方は模試があっても、ただ解いて終わりとなりがちです。付録のダウンロード特権(付録が270ページあります!)を読めば、ただ解くだけでなくどう復習すれば良いかわかると思います。

また、TOEICに頻出の内容が書かれていると評判の本です。

2017年段階で1番オススメできるTOEIC本です。

3-2. 新TOEIC TEST サラリーマン特急 満点リスニング


演習問題もありますが、基本的にはTOEICのリスニングの勉強方法について書いてある本です。著者はTOEIC リスニング 275点から満点を取られています。その過程で実際に悩みながら実践された勉強方法が書かれています。

リスニングで8割取得してから、ぶつかる壁の乗り越え方も書かれているので、初心者の方以外にもオススメです。

問題数は少ないので、問題をこなしたい人にはオススメできません。あくまでリスニングの勉強方法を知りたい人向けです。

3-3. はじめてでも600点がとれる!TOEIC L&R テスト 魔法の勉強法


表紙が萌えキャラでなんとなく胡散臭いですが、実は信頼できる著者の1人花田徹也さんが書かれています。

初心者の方向け勉強法やオススメの参考書の紹介、そしてTOEICの模試が付いていて800円ですので、非常にお買い得です。(TOEICの公式問題集は模試2回分で2800円です)

「TOEICとはどんなテストか」から始まり具体的な勉強方法にも触れられています。模試の質も十分良いです。

この本の中で花田さんが紹介しているオススメ参考書が、この本の出版社(ジェイリサーチ出版)の本ではなく、花田さんが厳選したTOEIC本を紹介しているので好感が持てます。

花田さん自身は正直に書くか、出版社を推すか悩んだだろうなーと(笑)

花田さんがこの本の中で紹介しているTOEIC本も質が高いものばかりです。(僕が紹介している本と似ているものが多いですがw)

3-4. TOEIC(R) L&Rテスト 超即効スコアUPテクニック114


「こういう問題が出題されたら、これが答え」という114のTOEICの回答テクニックと1回分の模試が付いたTOEIC対策本です。CDは付いておらず、FeBeまたはabceed analyticsというアプリをダウンロードして音声を聞きます。

「Part 2でI don’t know.と回答があれば、それをマークする」など他の本とは一線を画したまさにテクニック本です。今まで色々なテクニック本も読みましたが、他の本には書かれていなかったテクニックもたくさん書かれています。選択肢で答えがわからないときや、時間がどうしても足りないときはこちらのテクニックを使って正答率を上げることができます。

まさにどんな手を使っても点を上げたい人向けの本です。

3-5. TOEIC L&Rテスト はじめてでも600点が取れる!


大学で特命教授としてTOEICを教えている山根和明さんの著書です。こちらは改訂版ですが、改定前は40万部売れたロングセラーです。

Part 3, 4の先読みやPart 7の斜め読み(スキミング)の方法を解説されていますが、TOEIC高得点者はみんな知っている方法です。TOEICパート別の攻略方法と、1回分の模試+重要単語250が別冊として付いています。

TOEIC 600点レベルを目指す人で、TOEIC全体像をつかみたい方にオススメです。

3-6. 総合英語Forest 7th Edition


文法書としてはこちらをお薦めします。

一般的に文法書としては、1億人の英文法English Grammar In Useも有名です。

しかし、1億人の英文法よりも索引検索がわかりやすく、English Grammar In Userは洋書で初心者には厳しいです。

TOEIC初心者の方は、文法をきっちり理解しようと文法書を前から順に読んで勉強しがちですが、TOEICでは冠詞や細かい時制など日本人の不得意な文法はほとんど問われません。

つまり、文法書を前から順に理解していくというのは非効率です。文法書は必要な文法問題が解けない場合などに参照するように使ってください。

TOEICの文法問題にどのような問題が出るかを書いた記事があるので興味あれば見て下さい。

TOEIC 文法 Part 5, 6で9割を取る攻略法と勉強法
Part 5, 6は読む英語の量が少なく、パターンが分かればすぐに回答できます。一般的に初心者にも得点の取りやすいパートと言われています...

3-7. TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ


単語集はこの本で間違いないです。TEX加藤さんが書かれたベストセラーです。TOEICをしっかり受けている人はみんな知っていると思います。

良い点は圧倒的にTOEICによく出るということです。また、持ちやすく値段もリーズナブルなど非の打ち所がない単語集です。

詳細はこちらにも記載しています。

「TOEIC L&R TEST 出る単特急 金のフレーズ改訂版」発売記念 速攻レビュー
2017年1月6日に「出る単特急 金のフレーズ」(通称:金フレ)の改訂版が発売されました。金フレはTOEICを何度も受けた人は必...

単語帳と言えばDuo 3.0を思い出す人が多いようですがDuo 3.0はダメです。TOEICと受験英語では出る範囲が違うので、学習しても点数の伸びが悪いです。

TOEIC単語帳 2017最新版!頻出の単語を集めたおすすめ単語帳
TOEICで高得点を取ろうと勉強し始めた頃、評判の高かったTOEFLテスト英単語3800という単語帳を使って必死に勉強していました。...

3-8. 公式TOEIC Listening & Reading 問題集


公式問題集はTOEICの勉強をする上で欠かせません。

ナレーターがTOEICの本番と同じなので、ナレーターに慣れるという点で1番使えるのは公式問題集です。

ただ、公式問題集は解説が不親切な部分があるので、TOEIC 600点以下の方にとってはヒロ前田さんが出されている至高の模試もオススメです。

ナレーターは公式問題集とよく似ていますし、公式問題集よりも解説が丁寧で初心者にわかりやすいです。ヒロ前田さんも僕が選んだ信頼できる著者の1人です。

3-9. TOEIC(R) L & R テスト 究極のゼミシリーズ


パート別で不得意な場所がある場合は究極のゼミシリーズがオススメです。

先ほども紹介したヒロ前田さんが書かれており、初心者がつまづきやすいところなど重点的に書かれています。

このシリーズが地味に良いのは、事前に受けた人の正答率が問題毎に書かれていることです。

つまり、間違えた問題が4択なのに50%の正答率のような難しい問題であったのであれば、初心者の方は完全に無視してしまって良いということです。

もちろん900点を狙うような方は難しい問題でもしっかり解けるようにして下さい。

こちらはPart2 & 1ですが、全てのパートが出版されています。

Part 5, 6に頻出の問題集はこちらに集めていますので、興味ある方は読んでみてください。

TOEIC文法問題集 2017最新版!頻出の問題を集めたオススメ文法問題集
TOEICで言うとPart 5, 6に当たる文法問題に特化して問題集を紹介します。僕が英語の勉強を開始した頃、TOEIC文法...

3-10. その他

あとはざっくり書きます。

勉強するとTOEIC リスニングの点が上がるだけでなく、自分の発音が英語っぽくなります。おかげで僕はカナダ人に「発音がGood!」と褒めてもらえました。


Google日本法人の元社長が書かれた英語の勉強法の本です。

何よりも英語を習得するときの心構えが出来ます。

「TOEIC 3ヶ月で900点突破した!」みたいな夢物語って無くて、誰でも必死にガリガリ勉強するのが必要なんだなって認識できます。

ただ本の中で書かれている参考書は全体的に古いです。

4. まとめ

初心者向けの参考書・問題集を挙げました。

僕の経験上、TOEICは800点を超えると急速に周りが評価してくれるようになります。

高い壁だと思いますが、こちら上げた参考書だけをしっかり勉強すれば、TOEIC 800点は超えられます。是非頑張って下さい。

TOEIC スコア 800点台は就職活動、転職に有利か?
学生の方はTOEIC本ポイント10%還元!Amazon Studentの魅力について ■無料体験6ヶ月 ■親のクレジットカードOK ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする