TOEIC文法問題集 2017最新版!頻出の問題を集めたオススメ文法問題集

TOEICで言うとPart 5, 6に当たる文法問題に特化して問題集を紹介します。

僕が英語の勉強を開始した頃、TOEIC文法1000という本がオススメと書いてあるサイトを読んだのでそれを買って勉強しました。全問解いて何回も復習しましたが、残念ながらTOEICの点は上がりませんでした。

理由は簡単です。僕はTOEICに出ない問題を集めた文法問題集で勉強してしまいました。

TOEICの文法問題を理解している著者が書いた問題集で勉強しましょう。

以前に書いたおすすめ単語集と同じく、購入して勉強したけど効果が低かった問題集と合わせて紹介します。

TOEICのPart 5, 6では単語を問う問題も多いです。頻出の単語はこちらを見て下さい!

TOEIC単語帳 2017最新版!頻出の単語を集めたおすすめ単語帳
TOEICで高得点を取ろうと勉強し始めた頃、評判の高かったTOEFLテスト英単語3800という単語帳を使って必死に勉強していました。...

1. TOEICに頻出する文法問題集とTOEICには出ない文法問題集の違いとは?

TOEICにどんな問題が出るか知っている作者が書いた問題集が良い問題集です。では、作者はどうやってTOEICに出る問題だけを集められるのでしょうか?

方法は意外とアナログです。

TOEICを毎回受けているんです。毎回受けて実際出た問題を繋いで問題集を作っているんです。

意外と知られていないですが、TOEICの問題はリサイクルされています。前回受けたときに出た問題と同じ問題が出題されるのはザラにあります。

受けた内容をしっかりメモしておき、それを元に問題集を作る。そうするとTOEIC頻出の問題集ができます。それを理解した上で読んでください。

2. TOEIC頻出の文法問題集

2-1. TOEIC L&Rテスト 文法問題 でる1000問


TOEICを毎回受けられているTEX加藤さんの文法問題集です。この方は通称金フレという単語集も出されていて、そちらも良く出ると好評です。

この方は毎回受けられており、出題傾向を理解した上で作られています。TEX加藤さんのブログをよく読むと、TOEICに出た問題を元に問題集を作っていることがわかると思います。

日本人が陥りやすい点もしっかり書かれているので文法問題だけでなくReading全体にも使える内容です。

問題集の作りも非常によく出来ていて、659問は品詞、前置詞の問題など文法の分野別に、残りの360問は模試形式で40問ごと9回分に分けられています。

文法の分野別に勉強している初心者の方でもこの本を有効に使うことができると思います。

2-2.1駅1題 新TOEIC TEST文法特急


こちらも今も毎回TOEICを受けられている花田さんの著書です。この方が出されている本を全て持っていますが、全て当たりでした。しっかり勉強すると点数を飛躍的に上げることができます。

解説が非常に丁寧で、勘違いしやすい点にも言及されています。関連する頻出の英熟語なども書かれており、ロングセラーである理由もわかります。

1問1問に対して何秒で解くのが目安になるかということも書かれているので、Readingで時間の足りない人は必須の参考書です。サイズが小さいので通学、通勤にも邪魔になりません。

問題数が少ない(106問)のが難点ですので、同じく花田さんが出されている文法特急2と合わせて買うのがオススメです。

2-3. 新TOEIC TEST 文法特急2 急所アタック編


1駅1題 新TOEIC TEST文法特急を書かれた花田さんの著作です。上で書いたようにこちらの本もTOEICに頻出する内容ばかり書かれた文法問題集です。

出題内容が違う以外は1駅1題 新TOEIC TEST文法特急のレイアウトを踏襲しています。こちらも出題数が多くない(130問)ですが、本が小さくて持ち運びやすいので通勤で勉強するには有効です。

2-4. TOEIC L&R TEST 900点特急 パート5&6


900点を超えたい人向けの文法問題集です。800点付近の方が解くのにオススメです。

860点を超えてからこの本を買ったのですが、正直難しすぎてびっくりしました。同時に、「この内容は出ないだろう・・・」って思ったのですが、次に受けたTOEICにいきなり出題されました。

この時に初めて、TOEICの問題はリサイクルされているのでは?ということに気づきました。問題がリサイクルされることをわかった上で作られた問題集はTOEICでの遭遇率が非常に高いということもこの時にわかりました。

良い参考書と悪い参考書をどうやって見分けたら良いかわかってしまった、そんな記念すべき文法問題集です。

※TOEICの問題をそのまま問題集にしてしまうのは禁止事項ですので、そのままの内容を問題集の問題にはされていません。問われている熟語が同じだったり、似た形で作られていますので理解しておいてください。

3. TOEICには役に立たなかった文法問題集

3-1. TOEICテスト文法1000


一番最初に買った問題集です。TOEICのサイトにオススメと書かれていたのでそのまま信じて買ってしまいました。

はっきり言うと失敗でした。

書かれている文章がTOEIC的でなく、問われている内容もほど遠いです。センター試験の英語の文法問題を解いているような気持ちになります。

作者もTOEICというテストがどういうテストか知らないで作られたのだと思います。時間とお金を返して欲しいレベルの問題集です。

3-2. TOEIC TEST 文法別問題集

Amazonでの評価は良いですが、出版も古く、また文法問題もTOEICに出る内容よりも細かい内容が問われるので、役に立たなかった本にさせてもらいました。

解説は丁寧ですし、わかりやすいです。ただ今のTOEICには出ない内容が多いので、解いても効果はありませんでした。

石井さんの本は以前から色々と読ませて頂いたのですが、留学してTOEIC対策を本格的にしないまま高得点を取られたようなのでTOEICの対策本としては役に立たない本が多いです。

TOEICの点を上げたいというよりも、英語を勉強したいという方には役に立つと思います。

3-3. 極めろ!リーディング解答力 TOEIC TEST Part 5 & 6 (イ・イクフンのstep by step講座)


1170問と非常にボリュームがあります。韓国のカリスマ的なTOEICの先生であったイ・イクフンさんが書かれています。

TOEIC 700点台の頃にネットでの評判が良かったので買って解きましたが、誤字が多く、また内容がTOEICに出るレベルをはるかに超えて難しいので、やらないほうが良いと思います。

作者は2008年に亡くなられているのでTOEICの最新の傾向も反映されていません。

イ・イクフンさんの著書をたくさん購入して解きましたが、「TOEICよりも難しい」、「TOEICには出ない」ものばかりでした。Amazonのレビューは今でも高いですが、TEX加藤さんや花田さんなど今もずっと受けられている方の書籍を購入してもらったほうが良いです。

4.まとめ

実際に解いた文法問題集を評価させて頂きました。Part 5は短い期間で点数を上げることができるPartです。頻出の問題集で勉強すれば文法問題は9割解くのは難しくありません。

頻出の問題集で勉強して、TOEIC本番で良い点を出せるように頑張ってください!

↓新形式のおすすめ問題集はこちら↓

TOEIC問題集 2017最新版! TOEIC頻出のおすすめ問題集
TOEICを勉強し始めた当初、TOEIC文法1000という本が良いと書いてあるサイトを読み、それを信じて必死に勉強しました。しかし、残念...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする