ネイティブキャンプ 体験レビュー 親子で受講してわかった初心者や子供におすすめな理由

スポンサーリンク

親子で半年ほどネイティブキャンプ(NativeCamp)にお世話になっています。今回はネイティブキャンプが他のオンライン英会話と違う点と、小学生の娘が受験してみての感想を書きます。

僕は無料の期間だけ試したものを含めると7年間で計10社ほどオンライン英会話を試してきました。その経験から、2019年段階でネイティブキャンプが値段や講師の質を含めて総合的に一番良いオンライン英会話と断言できます。娘は4社受講した上で今はネイティブキャンプを使っています。

特に初心者や子供におすすめと考えているのでその理由も含めて書きます。僕はTOEIC 895点ですが、それでも楽しんで受けることができていますので、上級者の学習にも使えます。

スポンサーリンク

1. ネイティブキャンプがおすすめな理由

シンプルに理由を書くと以下のようなことです。

  • 24時間、自分の好きなタイミングで受講できる
  • 値段がそこそこ安い (毎日受講する場合や子供を含めた受講の場合)
  • ネットワークが品質が良い
  • 日本人講師が在籍している
  • ネイティブも在籍している
  • 教材が充実している、講師が習熟している

詳細は下に書いていきます。

2. ネイティブキャンプおすすめな理由詳細

2.1 24時間好きなタイミングで受講出来る

月曜2時~6時のメンテナンス時間を除き、24時間365日受講することが可能です。24時間受講できるオンライン英会話は多いので、普通と言えば普通なのですが、他と違う点は5分などの隙間時間にも自分の好きなタイミングで受講することができる点です。

他のオンライン英会話は予約して、X時0分~X時25分もしくはX時30分~X時55分までの受講となります。

ネイティブキャンプは予約なしで「今すぐレッスン」というのが可能です。X時15分~X時25分の10分だけレッスンということが可能です。

僕自身がよくするのが、25分のレッスンを受けた直後に「もう少し今日はやりたい」とかモチベーションの上がっているときに、空いている講師を見つけてすぐに 「今すぐレッスン」をするパターンです。

タイミング次第ですが、今すぐレッスン可能な方も多いです。

※青色が今すぐレッスン可能な人です。人気講師もタイミング次第では今すぐレッスン可能です。

2.2 値段がそこそこ安い (毎日受講する場合や子供を含めた受講の場合)

大手オンライン英会話との比較です。

 コスト回数
ネイティブキャンプ5,950円レッスン無制限
レアジョブ5,800円1日1回25分
DMM英会話5,980円1日1回25分
Bizmate12,000円1日1回25分
ECCオンラインレッスン8,700円1日1回25分

1日1回25分の受講であれば、レアジョブやDMM英会話と値段は大きく変わりません。ただ、実際オンライン英会話を受講してみると休日は1日25分で足りないときが出てきますので、レッスン無制限というのはありがたいです。

ネイティブキャンプの最大のメリットは親子で受講したときの値段です。ファミリープランというものがあり、親が既に会員であれば、子供は1980円で受講できます。

月1980円は破格です。ファミリープランはレアジョブやDMM英会話には無いので、親が受けていても通常通りの子供用の値段を払う必要があります。

コインについて

ネイティブキャンプは講師を時間予約する場合、コインを払う必要があります。大体の場合、相手の国籍によって必要コインが変わります。

国籍予約に必要コイン
フィリピン100コイン
日本400コイン
ネイティブ500コイン
その他100コイン~300コイン

大体100コイン200円です。 コインは無くなると購入する必要が出てくるので、追加料金となってしまいます。

ただし、コインは新規無料登録のときに1000コイン、有料会員になるときに2500コイン、友達の紹介でも1500コインもらえたりします。上手くやりくりすれば買う必要はないです。

ネイティブキャンプはよくキャンペーンをしており、コインを抽選でもらえたりするので意外と減りません。

これは2018年11月にしていたキャンペーンの例です。

2.3 ネットワーク品質が良い

ネイティブキャンプはネットワーク品質が高く音声がクリアに聞こえます。初心者や子供にとってネットワークが良くなくてレッスンが進まないのは苦痛です。

過去いくつもオンライン英会話を受けた経験から、オンライン英会話には通信環境を左右する2つの要素があることがわかりました。

  • 講師側が自宅ではなくオフィスで働いているかどうか
  • Skypeを使用していないか

この2つを満たしている場合、通信環境には問題ないと言えます。

オフィスのネットワークは通常、自宅より太い回線を用意さています。通信環境は安定しています。

Skypeは原因不明で重くなることが多くあります。友人と話している時にSkypeで会話していて繋がらなくなったのでLINEやFacetimeに切り替えると問題なく使えることが何度もあり、Skypeの使用は止めました。

Skypeは良くも悪くも匿名性が高く、講師のレッスンを会社側で管理できないという側面もあります。講義を監視できないので、講師の質を保ちにくいという問題もあります。大手のレアジョブもやっと気付いたのか2018年11月にSkypeの使用を止めました。

ネイティブキャンプは全ての方がオフィスで働いているのではなく、フィリピンの方のみオフィスで、他は自宅からのレッスンです。オフィスにいる方の方がネットワークが良いので僕はフィリピンの方をいつも選んでいます。

Skypeを使用せずオフィス型なのは大手ではネイティブキャンプとECCオンラインレッスンくらいです。

直接ネットワークとは関係ないですが、オフィス型の場合、自宅でレッスンしている人よりも邪魔が入りにくいです。過去、他のオンライン英会話で早朝レッスンしているときは講師は自宅でレッスンをしてくれていたのですが、フィリピン特有の鶏の鳴き声に邪魔されたことが何度もありました。

2.4 日本人講師が在籍している

2018年7月からネイティブキャンプに日本人講師が在籍するようになりました。

ネイティブキャンプが初心者や子供におすすめの最大の理由は日本人講師が在籍していることです。

2019年2月段階で200名ほど在籍されています。

講師が日本人であれば英語でどのように言えば良いかわからない時に日本語で聞くことができます。また同じ日本人なので、よく引っかかりやすい発音など的確な指摘をしてくれます。

小学生の娘はオンライン英会話始めた時、最初からフィリピンの方が講師だったのでガチガチに緊張してしまいました。講師を日本の方に変えると、わからないことも日本語で聞けるのでリラックスして受けることができました。

「英語って楽しい」と思ってくれないと続けられないので、日本人の講師の方に変えたのは正解でした。今はフィリピンの方とも普通にレッスンできるようになりましたが、最初は日本人講師で楽しんで出来たことが半年以上続けることが出来た大きな要因です。

講師を選ぶと生徒の年齢層がわかるので子供慣れしていることがわかります。

この講師は日本人の方で2000回近くレッスンされて、40%近くが9歳以下です。子供とのレッスンに相当慣れていることがわかります。

日本人講師は予約に400コイン必要なので、実質追加で800円かかります。これを高いと思うか安いと思うかは人によると思いますが、日本人の大人を25分拘束して800円は高くないです。時々ですが、「今すぐレッスン」に出てこられる方もおられます。

またコインは無料でも手に入れられるので、始めて数ヶ月は気にする必要はないです。

日本人でTOEIC 900点を超えている方が多数在籍されています。25分の講義の中では常に英語のレッスンをしなくても良いです。TOEICに向けての勉強の仕方や良い参考書なども聞くこともできます。僕もTOEICスピーキングに向けての勉強の仕方を聞いたことがありますが、同じ目標があった人と話すだけでモチベーションは上がるのでおすすめです。

無料体験でも1000コインもらえるので、2回は日本人講師とレッスンをすることが可能です。体験してみて子供の反応を見るのも良いと思います。

2.5 ネイティブ講師が在籍している

最近のオンライン英会話では珍しくないですが、ネイティブも在籍しています。

個人的にはフィリピン人の方が発音がきれいだと思っているくらいなので、メリットはあまり感じないです。

日本人と同じく「今すぐレッスン」には出てこないので、予約する必要があります。500コイン必要です。

2.6 教材が充実している、講師が習熟している

ネイティブキャンプの良いところの1つは教材が充実しているところです。大手のレアジョブやDMM英会話もかなり充実していますが、1つ1つの質はネイティブキャンプのほうが高いです。

オックスフォード大学出版が出している「Let’s go」や「Side by Side」なども教材に含まれています。DMM英会話も同じ教材を使うことが出来ますが、DMM英会話は教材費無料です。

ただし、レッスン中のみ閲覧可能なので正直に言って子供の教育には不向きです。教材を買わない限り予習、復習はできません。

またネイティブキャンプは講師ごとにどの教材であれば教えることが出来るかが決まっています。通常は受けたい教材(フリートークもあり)を選んでから、講師を選びます。講師側が習熟していない教材でレッスンが始まることはないです。

※バッジが付いているものだけ講師は教えることができる

意外かもしれませんが、大手のレアジョブ、DMMオンライン英会話では講師ごとの習熟はわかりません。こちらが選んだ教材でレッスンが始まるので講師側の準備がほとんど出来ていないこともあります。また、発音がイマイチの講師から発音のレッスンを受けてまう可能性もあります。

また教材は多数あるので自分がどんな教材がいいかわからない時は日本人カウンセラーを予約して質問することも可能です。日本人カウンセラーへの相談にはコインはかかりません。

私も日本人カウンセラーの方にどの教材が良いかを相談したのですが、教材だけではなく、その教材で教えるのが上手いおすすめ講師も教えてくれました。人気のない講師を埋め合わせ的に紹介されるのではないかと斜に構えていたのですが、レベルの高い人気の講師を教えてくれたので好感を持てました。

3. まとめ

ネイティブキャンプは2018年から2019年にかけて講師数が増えており、「今すぐレッスン」であってもかなりの講師が在籍しています。

  • レッスン料金
  • 講師の質、レッスンの質
  • 日本人講師の在籍数
  • 通信環境(音が途切れない、ビデオ通話も問題ない)

などトータルで考えると2019年現在で一番良いオンライン英会話はネイティブキャンプです。他に良いオンライン英会話が見つかれば、また紹介します。

オンライン英会話ネイティブキャンプ
タイトルとURLをコピーしました