TOEIC おすすめ単語帳

TOEIC

TOEICを効率的に勉強するためには単語帳の選定は非常に重要です。1文に1単語わからないのであれば、「前後の文章から理解して。。」ということが可能ですが、わからない単語が増えると文章を理解できず、当然TOEICの点数は伸びません。また、単語を覚える作業がTOEICの勉強でも大きな時間を占めますのでTOEICに出る単語だけを重点的に覚えないと頑張った割に良い点数が取れません。単語帳を選ぶのに必要なポイントとして2つポイントを挙げます。

1.TOEICに頻出する単語が選ばれていること

以前にも書いた通り、TOEICはある限られた範囲で問題が出てきます。TOEICを知り尽くした人が作った単語集を使用し、TOEIC向けじゃない単語集(TOEFL 3800, DUO3.0)は絶対に!使わないようにしてください。無駄とは言いませんが、TOEICの点数を伸ばすには非効率です。

※TOEICの単語集でDuoを推薦しているが多いですが、どう考えてもTOEICの勉強には不向きです。

2.音声ファイルがあること

覚えた単語の音声ファイルがないとListeningパートで単語を認識できなくなります。

例えば「mobile」という単語はカタカナでは「モーブル」に発音が近いですが、日本人は単語を見ると無意識に「モバイル」で覚えています。実際にListeningパートで「モーブル」という音声を聞いても何の単語がわからなくなり、Listeiningでは単語が認識できなくなります。本で覚えるだけでなく、音声ファイルも使って単語を覚えれるように、音声ファイルがある単語帳を選びましょう。

3.例文付きであること

大体の単語帳には例文が付いていますが、付いていないものもあるので当然のこととして記載しておきます。

私のおすすめは以下です。

出る単特急 金のフレーズ

あなたが忙しい人であればあるほど、この単語集を使ってください。TOEICに必要な単語しか出ない、かつ、安い、軽い。言うことないです。またTEX加藤さんが何度も受けた中でわかったTOEICのクセについても記載されています。勉強になりますし、また面白いです。音声もダウンロードできますが、遅いので1.5倍速程度で聞いてください。残念なのは発音記号が付いていないこと。本文中にアクセントについて記載されている箇所がありますが、本だけではどこにアクセントがあるかはわかりません。

TOEICテスト初挑戦のための英単語と英熟語

出版されたのが古いですが、この単語集は非常に良いです。「どこが初挑戦だ!!」と思うくらい、難しい単語もあり、ちゃんと覚えればこれだけで730点は超えます。熟語のパートもありますが、熟語パートは特に覚える必要はないです。また姉妹本として「600点突破のため英単語と英熟語」、「730点突破のための英単語と英熟語」という本もありますが、これは難しいのでTOEIC800点を超えるまではやる必要はないです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です